ボトックスの品質チェックも重要!小顔効果のある美容整形を受けよう

日常生活の注意点

医者

ダウンタイムは短い

ほかの小顔になれる美容整形の施術と比べると、ボトックス注射のダウンタイムは短いです。施術後に痛みや腫れを感じることもありますが、およそ1週間では落ち着いてきます。ボトックス注射の施術後はメイクが可能なので、施術箇所が目立つということはありません。まれに内出血が出ることもありますが、メイクでカバーできます。洗顔や入浴、運動も施術当日から可能なので、普段と変わりなく過ごすことができます。ただし、強めのフェイスマッサージは控えるようにしてください。施術後は、なるべく刺激を与えないようにすることが重要なので、およそ1週間はフェイスマッサージを控えましょう。ダウンタイムが短いので、施術を受ける前とほとんど変わりなく過ごせるというところもボトックス注射の魅力です。

注意すること

施術を受けた後は、ボトックスによって咬筋の働きが抑えられている状態です。再び発達しないようにするためにも、施術後からおよそ1ヶ月は固い食べ物を避けるようにしてください。固い食材を避けるために家族と別のメニューにするのは難しいという場合は、なるべく細かく切るようにしたり、別の食材に置き換えたりすると良いでしょう。また、意外と見落としがちなのがおやつです。おせんべいや固めのスナック菓子などは避けて、チョコレートや柔らかめのクッキーなどを選ぶようにしましょう。ほかには、ガムを噛むことも控えてください。ガムは柔らかいですが、長時間噛み続けることで咬筋を刺激してしまう可能性があります。ボトックス注射の効果を長続きさせて小顔でいるためにも、普段の食生活には注意しましょう。
食生活以外には、習慣や癖についても確認が必要です。よく頬杖をつく癖がある人が見受けられますが、なるべくはやめるようにしましょう。また、ダウンタイムが終わった後もフェイスマッサージのやり方には注意してください。フェイスラインはできるだけやさしくマッサージするようにします。施術箇所に刺激を与えないことが目的ですが、同時に肌への刺激も軽減されるので傷めることがありません。小顔をキープするためにも、できることから工夫していきましょう。

施術箇所のカバー方法

施術から1週間ほどで痛みや腫れは落ち着いてきますが、その間はどうカバーしたらいいか悩む方もいらっしゃるでしょう。内出血はメイクでカバーできる程度なので、コンシーラーを使用してみてください。ファンデーションの色を変えてみるのも良いでしょう。腫れが気になる方は、マスクを着用すると人目につきにくくなります。実際に施術を受けた方の口コミを見てみると、周りには「親知らずを抜いた」と伝えておいたという方もいました。もし仕事上マスクを着用できないという方は、そのように周囲に伝えておくのも一つの手段です。ボトックス注射の施術を受けたのが冬場であれば、マフラーやストール、ネックウォーマーでフェイスラインをカバーすることもできます。髪型を工夫したり、フェイスラインに目がいかないようにアイメイクに力を入れたりする方法も良いでしょう。同様に、普段とは違ったタイプの服を選んで目線をそらすという方法もあります。口コミサイトには、施術を受けた方がどのようにカバーしていたかという方法も紹介されているので、困ったときには参考にしてみてください。小顔効果を十分に得るためにも、なるべく刺激を与えず、うまくカバーして過ごすようにしましょう。